<金融アトラス/a>

金融アトラス

個人の勉強も兼ねて、少しずつまとめます。

信用創造とは何か?–信用創造とシステミックリスクの関係–

f:id:hongoh:20210316221706p:plain

本ページでは、信用創造とは何かについてまとめたい。信用創造とは、一言でいえば、「銀行が預金を何倍にも膨らますことができる仕組み」である。

 

信用創造のしくみ

銀行は、預金者から集めた資金を、一部中央銀行への準備金を除いて基本的には貸出に回す。

銀行からの貸出を受け、資金を調達した企業は、その資金を使って設備投資を行ったり、諸々の支払いを行う。こうして、資金は市中に出回ることになる。そしてそのお金を受け取った人や企業は、それを銀行に預ける。ここで、初めに預けられた預金(本源的預金)が引き出されることなく、新たな預金が「産み出された」ことが分かるだろう。そしてこのプロセスが繰り返され、預金がどんどん産み出されていく。

 

この信用創造の仕組みによって、本源的預金よりもはるかに多い資金が市中に供給され、それだけ経済活動が活発になることが可能となる。

 

信用創造とシステミックリスク

以上のことで分かるのは、ある銀行における預金が、貸出を通じて市中に出回り、別の銀行の預金になる…というように、銀行どうしが同じシステムの中で連関しているということである。

 

そのため、ある一つの銀行において予期せぬ多額の預金の引き出しが発生すると、その影響が他の銀行にも広がり、金融システム全体に波及する可能性がある。

 

ある銀行において多額の預金引き出しが発生した場合、その銀行はそれに対応するため、企業に貸出していた資金を回収する必要が出てくる。

 

企業がその要求に応じるためには、企業が別の銀行に預けていた預金を引き出す必要がある。このように、一つの銀行による予期せぬ引き出しが、他の銀行へと連鎖していく。こが「システミックリスク」である。

 

銀行が多額の預金引き出し要求に応じられなくなれば、預金者はお金が戻って来なくなる。さらに、銀行は資金繰りの悪化によって企業に貸出しができなくなる。こうして、システミックリスクが実体経済に大きな悪影響を与えることになる。

 

このように、信用創造という銀行の機能が、システミックリスクを引き起こしうることが分かる。信用創造が機能するのは、想定される範囲での預金の引き出しが行われるという、いわゆる「大数の法則」が当てはまることが前提となる。

 

(出典):

福田慎一(2014)「金融論 市場と経済政策の有効性」有斐閣