<金融アトラス/a>

金融アトラス

個人の勉強も兼ねて、少しずつまとめます。

日本の年金の構造について簡潔にまとめてみる

f:id:hongoh:20210316221906j:plain

日本の年金は3階建て、と呼ばれる。ネットで調べれば、年金にはどのような種類があり、どのような構造になっているのかなどについて、たくさんのサイトで解説されている(本ページの末尾に参考ページのURLを載せている)。

 

ここでは、詳しい説明は省略し、日本の年金の構造について簡単かつ簡潔にまとめてみたい。

 

公的年金私的年金に大別

日本の年金は大きく公的年金私的年金に分けられる。

1.公的年金

国が運営する年金。国民全員の加入が義務付けられている国民年金と、会社員や公務員が上乗せして加入する厚生年金がある。厚生年金は所得の大きさに応じて保険料の支払額と退職後の給付額は異なる。

2.私的年金

個人が任意で加入できる年金。確定拠出年金(企業型)、確定給付年金、個人型確定拠出年金(iDecCo)、国民年金基金といった種類がある。

 

1.公的年金

(1)国民年金

国民全員の加入が義務付けられている。国民年金は所得に関わらず同じ額の保険料、給付額となる。

(2)厚生年金

会社員や公務員が国民年金に上乗せして加入する。厚生年金は所得の大きさに応じて保険料の支払額と退職後の給付額が異なる。

 

2.私的年金

(1)確定拠出年金(企業型)

企業が掛け金を負担してくれるというもの。ただし、その掛け金の運用は自己責任で行う。企業の掛け金に加えて自らも拠出し、合わせて運用を行う「マッチング拠出」というしくみもある。

(2)確定給付年金

企業が掛け金を拠出し、かつ従業員に対して給付額を約束するもの。

(3)個人型確定拠出年金iDeCo

個人で拠出し、運用結果も自己責任。個人事業主だけでなく会社員や公務員も加入可能。公的年金の穴埋めとして、私的年金による運用を奨励する観点から、税制優遇措置がある。

(4)国民年金基金

自営業など会社員ではない人が対象。加入は任意。

 

「日本の年金は3階建て」が意味するもの

「日本の年金は3階建て」というとき、1階部分は公的年金のうち国民年金、2階部分は公的年金のうち厚生年金、3階部分は私的年金を意味する。

ただし、3階のうち2階部分はサラリーマンしか享受できないため、自営業者は全部で2階建てということになる。

 

(参考):厚生労働省HP

www.mhlw.go.jp