<金融アトラス/a>

金融アトラス

個人の勉強も兼ねて、少しずつまとめます。

危機が起こるとなぜ円高になる?ー「有事の円買い」ー

f:id:hongoh:20210910014321p:image

世界で経済不況や政情不安が起こると、円が多く買われ、 円高になる傾向がある。「有事の円買い」と呼ばれる現象であり、 驚くべきは日本で何か起こった際にも( たとえば東日本大震災など)、 円高になることがあるという点である。本ページでは、 なぜこうした現象が起こるのかについてまとめたい。
 
 

日本は世界最大の対外純資産国

その理由の鍵を握るのは、「日本が世界最大の対外純資産国」 であるという事実である。

 

対外純資産とは平たく言えば日本の個人や企業が保有する、 海外資産の額から、負債額を引いたものでる。 日本は対外純資産を300兆円以上抱え、その額は世界一である。 海外企業の有価証券に加え、直接投資(買収)も含まれる。
 

これが円高とどのような関係にあるのか。 経済不況や政情不安が起きた際には、日本企業や個人は、リスクの大きい環境から資金を引き上げ、現金や国債などの安全資産の保有を増やすことが考えられる。その際、海外資産を売却して円に換金するので、円の需要が高まる。莫大な対外純資産を持つ日本の企業・投資家の多くが同じ行動に出れば、当然相場も円高方向に動く。
 


 キャリートレードを行う投資家の存在

また、「キャリートレード」という取引を行う投資家の存在も重要である。具体的には、世界経済が順調なとき(リスクオン時)には、世界の投資家は低金利の通貨を資金市場で借り(=調達し)、高金利通貨を買うという取引を行うことで、金利差収益を得ることができる。これを「キャリートレード」という。為替だとやや混乱するが、モノを安く調達して高値で売る、というビジネスと何ら変わりはない。円の市場規模は大きく流動性が高いため、ボラティリティ(変動率)も低く、結果としてキャリートレードにおいて円は「借りて売る」通貨として好まれている。

 

反対に経済不況や政情不安の際(リスクオフ時)には、新興国等の高金利通貨のボラティリティが大きくなるので、買っていた高金利通貨を売る一方、低金利通貨を買い戻す。円がリスクオフ時に買い戻されているのは、その原因が何かは関係がない。ただ低金利ボラティリティが低いということで、買い戻されるのである。

 

円は「安全通貨」としばしば呼ばれるが、世界経済が安定成長していた時(リスクオン時)に売られていた円が世界的な有事あるいはリスクオフ局面で買い戻されるからに過ぎない。

 

これらの理由から、「有事の円買い」という現象が起こると考えられている。この現象に対して、「円という通貨が価値がある」とか、「円は信頼されている」とことさら強調されることもあるが、ややミスリーディングなのではないかと思われる。

 

(参考):

日本経済新聞(2017)「「有事の円買い」なぜ 背景に日本の弱さも」

リスク回避でなぜ日本円は買われる?『安全通貨』である背景を説明しよう 投資講座-資産管理のキホン|モーニングスター